捨てる。活かす。  ~シンプルに軽やかに~

もう片付けしたくないので、とことん手放していきます。

掃除も楽!家族も使いやすい、スッキリ片付く傘の収納 ~片付けない玄関の完成!~

前回の続きです↓

 

現在、玄関の片付けに取り組んでいます。靴箱が終わったので、次の課題「傘の収納」です。

 

今回の引っ越しに先立ち、傘の収納に関してはひとつだけ決めていたことがありました。

それは床に置いた傘立て(スタンドタイプ)は絶対に使わないこと。

 

今までの住まいも職場でも感じたことですが、床置きタイプの傘立ては

 

●玄関掃除で動かすのに手間がかかる!

●凹凸や穴が多いから手入れが面倒!

●傘以外のものも突っ込まれてごちゃごちゃしていた!

●数が増える(例:急な雨で必要)→傘立てが狭くなる→ねじ込んで骨が曲がる

etc・・・・・

 

私とはとことん相性が悪いスタンド傘立て。この新居では、絶対に違う方法で傘を収納しようと心に固く固く決めました。

 

f:id:ringo-ringo-c:20180202210926j:plain

 

では、具体的にどうしたいか。

 

■三和土(たたき)の箒掃き掃除を邪魔しない場所へ収納したい。

■家族も、傘の数を意識してもらえるようにしたい。(傘の本数を分かりやすくする)

■ワンアクションで簡単に取れる場所へ収納。

■濡れていてもOK

 

特に、箒掃き掃除とワンアクションの件は絶対に譲れなかったので、試行錯誤の結果このようにしました。

 

BEFORE

f:id:ringo-ringo-c:20180202212000j:plain

 

AFTER

f:id:ringo-ringo-c:20180202212211j:plain

 

無印良品の「壁に付けられる家具・長押」は耐荷重5kgです。傘1本はだいたい500g(0.5kg)なので、家族分の傘をかけても全く問題ありません。

 

 

この位置に取り付けた一番の理由は、利き手の右手で傘を掴み、そのまま空いた左手でドアノブを掴んで扉を開けられるから。

 

f:id:ringo-ringo-c:20180203173736j:plain

 

朝の貴重な時間帯に、扉を開けた瞬間「あ!雨だ!」となっても、ワンアクションですぐに傘を手に取れます。

 

濡れた傘も、そのまま掛けて水切りもできるように、壁にシートを貼り付けました。

傷や汚れ防止にもなります。キッチンコーナーにある、貼ってはがせる油跳ね防止シートでお試し代用。多少凸凹がある塗装板壁にもしっかりくっついて一度も剥がれ落ちていません。

f:id:ringo-ringo-c:20180202222901j:plain

 

 

 

 

すぐに掃除できるように、ほうきもここに収納することにしました。S字フックを使用しています。

さっと取り出せて取り組めるので時間のロスはゼロ。ようやく毎日玄関掃き掃除がストレスにならなくなりました。

 

f:id:ringo-ringo-c:20180203183732j:plain

S字フックを使えば、折り畳み傘も収納できますね。傘のタイプを選ばないから楽だ!

 

こうして

■三和土(たたき)掃き掃除で道具を動かさず、

■傘の数が分かりやすく、

■ワンアクションで簡単に取ることができて、

■濡れた状態でかけてもOK

 

の、すべての要望を満たした傘の収納が出来上がりました!

 

f:id:ringo-ringo-c:20180203183906j:plain

 

実はこれが完成したのは二週間前なのですが、おかげであれ以来散らかることなく、家族の協力もあってキレイをキープできています。

 

家族みんなが使いやすく、スッキリ片付く玄関、出来上がりです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ