捨てる。活かす。  ~シンプルに軽やかに~

もう片付けしたくないので、とことん手放していきます。

物が少なく、家族も使いやすい脱衣所へ。 ~タオル収納と時短編~

前回の続きです。

 

次に解決する問題は、「タオル収納」と「汚れた衣類の置き場所」。

 

前回記したとおり、床スペースが狭く、しかも出入り口からお風呂までが動線(人の通り道)になっている為、引出等の収納ケースが置けません。

 

f:id:ringo-ringo-c:20180126070257j:plain

 

f:id:ringo-ringo-c:20180127143109j:plain


しかし、風呂場の出入り口は、脱いだ洋服をそのままカゴに放り込み、お風呂上りにタオルをサッと取り出すのが一番しやすい場所。

どう考えてもここがゴールデンスポットなのは間違いない…

 

色々悩みましたが、ここは「片づける」という発想を捨て、タオルも脱いだ衣類も、「置きっぱなし」にすることにしました。

 

BEFORE

f:id:ringo-ringo-c:20180127143109j:plain



 

AFTER

f:id:ringo-ringo-c:20180127151443j:plain

f:id:ringo-ringo-c:20180127152506j:plain

「タオル」と「衣類」は別で洗うようにしたかったので、家族自身で分けて入れられるように、下段のランドリーバスケットは2つあるタイプにしました。

これだけでも洗濯仕分けにかかっていた時間がなくなって、本当に楽!

 

f:id:ringo-ringo-c:20180127151754j:plain

小さな娘が洗濯するときは手の届かない高いところに収納しているカゴは使わず、このカゴを兼用して、洗い終わった物を持ち運びしています。

 

f:id:ringo-ringo-c:20180127152252j:plain

上段のバスケット部分には、タオル類を収納。三日目にはここから全部なくなる枚数しか所有していないため、ホコリをかぶる暇がありません。我が家の適量です。

なので、オープンに置いていても不都合がなく、むしろ残量も一目瞭然で、娘が畳んで片づけしやすいです。

風呂あがりすぐにここから取れるので、「タオル忘れたとって~」ももうありません。(貴重な夕食調理時間に思いのほか大変だった!)

 

f:id:ringo-ringo-c:20180127152839j:plain

あとは、お風呂に入る前に外したメガネ・アクセサリー・スマホといった小物を置けるスペースも必須だったので(着替えと一緒に洗濯機上に置いたら裏に落ちたetc…)無印良品の飾り棚を設置して完成です。

 

その後日々の掃除は、 

f:id:ringo-ringo-c:20180127153308j:plain
f:id:ringo-ringo-c:20180127153324j:plain

ランドリーラックを動かすだけ。これ!これなのよ!私が求めていたのはこのスボラ楽さ!

脱衣カートを脱衣も、洗濯も、収納も、そして掃除もしやすい洗濯場になり大満足でした!

 

f:id:ringo-ringo-c:20180127152506j:plain
f:id:ringo-ringo-c:20180126204120j:plain
f:id:ringo-ringo-c:20180126194016j:plain

 

 

しかし、ここでも課題点が見えてきました。

 

f:id:ringo-ringo-c:20180126204146j:plain
f:id:ringo-ringo-c:20180123160619j:plain

トイレの時同様、頭上にあるモノが地震の時落ちてケガをする恐れがあること。

先日もアラスカ・北海道東北部で大きな地震があったばかりです。早急に対策しなければならないと思います。

 

それから、もうひとつ。

今度は家族全員が使いやすい洗面台を作ること。

f:id:ringo-ringo-c:20180127153947j:plain

 

未だにここは落ち着きません。家族のモノの陣取り合戦状態です。

何が使いにくいかを聞いて、どのように改善しようか時間をかけて考えていくことにします。

 

 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ