捨てる。活かす。  ~シンプルに軽やかに~

もう片付けしたくないので、とことん手放していきます。

無くして、風も声も通る家に。 ~この猛暑日で真価を発揮~

f:id:ringo-ringo-c:20160111005646j:plain

 

アイス珈琲が美味しい季節になりました。夏本番です。今年は昨年を上回る猛暑の連日です。

暑さにうなだれている毎日ですが、ただ自宅だけは今年少し事情が違います。

 

f:id:ringo-ringo-c:20170728045715j:plain

 

この一年かけて、

 

f:id:ringo-ringo-c:20170728045732j:plain

 

子供の成長と共に、必要なものを見定めて、

 

f:id:ringo-ringo-c:20170728045804j:plain

 

心に痛みを伴いながらも、自分たちの生き方を見直す意味でも、

様々な大型家具を手放していきました。

 

f:id:ringo-ringo-c:20170728045942j:plain

 

その真価は、この猛暑で改めて発揮することになりました。

 

現在、我が家は湿気が溜まりやすく、カビが多く発生しやすい地域に住んでいます。

しかし、大型の家具が無くなったことで、部屋の中にしっかりと日の光が差しこみ、太い風の通り道ができ、小さな除湿器一つだけでも、扇風機だけでもだいぶ快適に過ごせるようになりました。

 

f:id:ringo-ringo-c:20170728051127j:plain

 

エアコンを微弱で付けても、十分に心地よい冷気がいきわたるようにもなりました。

 

しかしそれ以上に、「声」がしっかり通るようになったことが嬉しかったです。

 

それまでは、家具でふさがり、家族の気配も感じられず大声で家族を呼ぶことが多かった我が家。

両親との二世帯同居で、広い家中を探し回って呼びに行くのは気も使います。

そんな環境の中でのコミュニケーションの質がいいはずもない。思い返せばイライラすることも多かったですね。

 

そして先日。震度5弱の地震に遭遇しました。

幸いにも大事には至りませんでしたが、もし、あの背丈180cmの細長い本棚がそのまま部屋にあったらと思うと、ぞっとします。

 

f:id:ringo-ringo-c:20170728053910j:plain

 

過去に被災された方々が、皆さん口を揃っておっしゃっていた(教えてくださった)おかげです。心の底から「あぁ、減らしていてよかった」と思えました。本当にありがとうございました。 

 

それまで、私が大型家具類を捨てる姿に良い顔をしていなかった両親でしたが、今回の地震でようやくその意味を理解してくれたようで、少しずつですがモノを減らしています。

「手伝って」と声をかけられたので、週明けにはまとめて私がゴミ出しに持っていく予定です。