捨てる。活かす。  ~シンプルに軽やかに~

もう片付けしたくないので、とことん手放していきます。

今回も、無印良品週間に縁がない。

蒸し暑い初夏の香りを感じる今日この頃。

春の頃と比べ、精神的にも肉体的にも安定した今の季節は、物事進めるにはいちばんだと長年の勘が言っています。(でも裏切られることもあるのです)

 

さて、現在同居の身ですがここ最近、親元を離れて引っ越す話がでてきました。

まだ決定事項ではないですが、いつでもすぐに動けるように今、不要物を捨てまくっています。

この一週間で45L袋が4袋。あれおかしい、セールもここ一年以上利用していないのに…(消耗品歯ブラシ靴下だけ)

…と思ったら、八割は娘の作品でした。

 


大好きな、ちずるさん。四コマ作品『なかなか捨てられない』の四コマ目の境地が今はとても分かります分かります。

 

娘の作品がここまで溜まってしまったのは、両親から『子供(孫)の作品は大事な成長過程だから捨てたらダメよ』という呪いが掛かっていたから。思い込みって怖い。

 

自分の頭で考えた結果、心の中ではごめんねごめんね唱えながら、ペラペラ作品だけは今も額縁に飾って季節ごとに楽しむということに。

無印良品週間の今、そこで思い出BOXを買うお金が、娘の大好物のグミ代へと変わりました。

 

 

服の数が昨年と比べてごっそり減ったのにも関わらず、もしかしたら必要になるかもしれないと思ってずっと大切にとっていた、重めな高級木製ハンガー。

ものの見事に埃だけしっかり被ってかわいそうなことをしておりました。

こちらは声をかけた兄弟にお嫁入決定です。

 

残ったハンガーは、安物だけど、私にとっては超使い勝手がいいハンガー。

ただ、ずっとこの印刻「Wooden Glory」がすごく嫌いで、ふと何気なくダメ元で除光液で拭いてみたら、

 

f:id:ringo-ringo-c:20170612005332j:plain

f:id:ringo-ringo-c:20170612005654j:plain

 

かんたんに消えてしまった。

消えなかったら、こちらも無印良品で買おうかなと思っていたけれど…

 

今度も無印良品週間とは縁がなさそうです。