捨てる。活かす。  ~シンプルに軽やかに~

もう片付けしたくないので、とことん手放していきます。

1枚のエプロン、11年目。 ~お気に入りを新たに長く使うために~

f:id:ringo-ringo-c:20160714141652j:plain

 

写真は、愛用しているロングエプロンです。

デニムのような生地で(綿と麻のMIX)、長年の酷使にも全く衰えず、穴一つほつれ一つすらありません。

 

ずっと、この1枚のエプロンしか使っていないですが、濡れてもすぐ乾くので全く不便ではありません。

 

実はこれ、10年以上前に某料理スクールに入会したときの特典プレゼントとしていただいたもの。

料理学校だけあって、非常に着脱しやすく、ポケットの位置が便利で、タオルを前サイドにかけられる紐の仕様になっており、色もカフェオレカラー一色でシンプルで私好み。

 

だから、他のエプロンなんて考えられない。今ではもう私の体の一部です(笑)

 

エプロンという一枚の布をまとうだけで、気持ちが切り替わり、汚れに対しても動じることなく積極的になれるので、本当に手放せない大切なモノです。

 

f:id:ringo-ringo-c:20160714142414j:plain

 

しっかし…。ただのオマケのエプロンが、まさか10年以上のお付き合いになるとは。思ってもみないことでした。

日本のサービス品質って半端なくすごいですね。入会特典でも手を抜かない。

世界に誇れる宝だと感じます。

 

ただ、さすがに色褪せと落ちないシミが点々と目立つようになってきました。

どうしようと解決方法を探していたら、見つけたのは染色剤のダイロンで染め直す方法でした。

 

f:id:ringo-ringo-c:20160714144459j:plain

 

1袋でTシャツ2枚分くらいの染め力、5~600円とお手頃。

 手順も素人で簡単にできるとの口コミも後押しし、私のエプロンは 使用する分には全く不具合はないので、「染める」という今回の選択。

 

それに、染め方を一度覚えたら、絶対に他の機会でもこのスキルは活きてくるはず(^^ゞ

 

新たにモノを選ぶ手間と時間とお金を手放して、ますます体になじむエプロンになってくれそうです。

 

今度時間を作って、ゆっくり染め実験してみようと思います。

楽しみです(^^ゞ