読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

捨てる。活かす。  ~シンプルに軽やかに~

もう片付けしたくないので、とことん手放していきます。

簡単に入手 → だから後々時間とお金を無駄にする。 ~ループから抜け出す~

f:id:ringo-ringo-c:20160704130124j:plain

『本が増えた。そうだ、本棚を買おう。』

『荷物が増えた。そうだ、棚を買おう。』

収納場所が不足するたびに、新たに収納できる家具類を買い足していくと、モノが増えるのは必然。

 

そして、ある時、もう片づけをしたくないという思いから、どんどん手放していった結果、当然ながらもぬけの殻となった棚などが残った。

 

f:id:ringo-ringo-c:20160124171150j:plain

 

f:id:ringo-ringo-c:20151204131457j:plain

 

今回は、大小合わせて三つの本棚を捨てた。

 

f:id:ringo-ringo-c:20160704130822j:plain

( 写真を撮り忘れたので手書きのイラストになってしまった。)

 

大物を片づけるたびにいつも思うことは、

手に入るときは簡単に家中に入ってくるのに対し、

捨てようと外に出そうとするときはとんでもなく労力を必要とすること。

 

特に今回の大きい本棚たち。高さが1800mmあるので、粗大ごみ場へは車が小さく載せることができない。

のこぎりで切り、やっとの思いで分解して可燃ごみへ出す準備ができた。

 

それだけで、貴重な休みがつぶれることになってしまった。

 

f:id:ringo-ringo-c:20160704131747j:plain

 

もし、モノが減り、収納スペースを不要とすれば、私はもうそれらの物々を片づける必要がなくなる。

この先、いったいどれだけの貴重な時間を生み出すことができるだろうと思うと、ワクワクしてくる。

 

今、一階には実の両親がいて私たち家族と一緒に同居している。(させてもらっているといった方が正しい)

その母から、片づけをしてもらえると助かるとお願いされたので、同時進行でそちらも進めている。

 

早かれ遅かれ、親の片づけは子供にとって避けられないもの。

親が元気なうちの親孝行と思って。

私は本当に運がいいと思う。