捨てる。活かす。  ~シンプルに軽やかに~

もう片付けしたくないので、とことん手放していきます。

100円ショップ衣類カバー、気づけば丸10年使えてる。

f:id:ringo-ringo-c:20160704075049j:plain

 

10年前、初めて100円ショップで衣類カバーを見つけて購入した。

それは今でも何ら変わりなく、オーダーメードのスーツを守ってくれている。

「良い洋服には、それなりの衣類カバーを」と教わって、以前は1,000円くらいするものを使っていたけれど、効果は何ら変わりはなかった。

 

f:id:ringo-ringo-c:20160704075532j:plain

 

ただひとつ不満があるとすれば、100円のものはここの口の埃侵入対策が不十分。

しかし針と糸、60秒さえあれば、

  

f:id:ringo-ringo-c:20160704075630j:plain

 

 

f:id:ringo-ringo-c:20160704075834j:plain

 

これで埃は、全く入ることがなくなった。

 

 

f:id:ringo-ringo-c:20160704080000j:plain

 

衣類に対して、丈が長すぎても、

 

f:id:ringo-ringo-c:20160704080025j:plain

 

針と糸と90秒さえあれば、

 

f:id:ringo-ringo-c:20160704080124j:plain

 

f:id:ringo-ringo-c:20160704080300j:plain

 

問題なく使える。

丈の長い物が必要になれば、繕った糸を外せば元の長さに戻る。

 

f:id:ringo-ringo-c:20160704080456j:plain

 

数ある100円ショップの中でも、

「キャン・ドゥ」の衣類カバーの生地が一番厚く、つくりもしっかりしている。

それでいて潔いシンプルさに、いつ見ても惚れ惚れする。