読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

捨てる。活かす。  ~シンプルに軽やかに~

もう片付けしたくないので、とことん手放していきます。

受け継がれるモノ ~大島紬のミニバッグ~

日に日に秋が深まり、露寒の季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

 

久しぶりのブログです(^^ゞ

義父も無事に日常生活に戻ることができ、ようやく日常が戻ってきたように感じます。

慌ただしい数か月でしたが、健康に勝る宝はないものだと改めて身に染みました。

 

話が変わりますが、前回は義母が片付けに目覚めた!という話を書きましたが、実はなんと!私の実母も先月からものすごい勢いでため込んだモノモノを整理・捨て始めたんです!\(^o^)/

母も以前から片づけたい思いはあったのですが、色々きっかけが重なったようで、初めて自ら行動を起こして頑張っていました。

片付けの力は伝染するとは聞いたことがありますが本当なんですね(^^ゞ

私もようやく、年末に向けての片づけを再開できるようになったので、また時々UPしていこうと思います。

 

さて、そんな片付けを頑張っている母から最近譲り受けたのがあります。

 

f:id:ringo-ringo-c:20151121142023j:plain

 

大島紬のミニバッグです。

 

私は奄美大島の出身で、小学校に上がるまではずっと島で家族で暮らしていました(^^)

その頃に、母が島の方から頂いたバッグになるそうなので、もう25年以上も前になるのでしょうか。

ただ、母は関東出身で、あまり大島紬とはなじみがなく、一度も使われずにずっと仕舞われていました(^^;

 

逆に私はというと、近所のおばちゃんたちの機(はた)織り機に囲まれて育っていたので、大島紬はとても身近な存在……にも関わらず、何一つ大島紬のモノを持っていませんでした(^^;

 

f:id:ringo-ringo-c:20151121142801j:plain

 

地味かと思いきや、結構目立つ(笑)

ショルダー、ハンド、クラッチバッグと3タイプに使えて、意外にも洋服との相性がバツグンだったので、とても重宝しています(^^)このバッグを身に着けていると、やっぱり島人(しまんちゅ)だったんだなぁと実感します(^^)

 

 …そういえば、島暮らの家って、ほとんどモノがなくてすっからか~んだったように記憶が…。もしかしたら、片付けなくてすむ家のヒントって、故郷の奄美大島にあるのかも!?

私が片づけたいルーツは、もしかしたら幼いころの島での暮らしなのかもしれないと思いました。